Staff blogスタッフブログ

スタッフブログ

Bridal Fairブライダルフェア

2021.11.15

コロナ禍で披露宴を開催するということ

 001.jpg



2021年もあとわずか

あっという間の1年でした

近ごろはコロナもなんとなく落ち着いて、このまま消えてなくなって欲しいと思っている今日この頃

10月以降百年蔵でも多くのカップルが誕生しました。

安心して当日を迎えていただくために新郎新婦と私たちもしっかり準備を行います。

アクリル板はどうするか?手指消毒のタイミングは?換気は?

お見送りギフトはどうするか?

などなど、などなど。

できることはやる。

あとは、お越しいただく皆様にも協力いただこう!


去年とは変わったこと。

『披露宴、開催してくれてありがとう』

『招待してくれて嬉しい』

『絶対、行くね』

など、招待されたことを心から喜んでくれる人たちが戻りつつあるということ。

ちょっと前までは、参加したいけど行くことが難しい方が多く

欠席の連絡をいれることも、それを受けることも苦しいことでした。

みんな、会ってちゃんとおめでとうが伝えたい

簡単にできてたことができなかったから、

余計にたくさんの嬉しいが溢れる幸せな時間を過ごしていただけています



でも、まだまだマスクは着用必須ですし、アクリルもあるんですが

確実に一歩前進しているなと感じる11月です。


2021.11.07

Night Wedding

皆さんこんにちは。

ここ数日、夜は冷えるようになってきましたね。

わたしもお家では暖房に頼るようになり、

そのせいかお家にこもるようになってしまいました。

.

そんな夜の博多百年蔵、中庭がライトアップされて

ちょっぴり良い雰囲気を醸し出しています。

24.JPG

博多百年蔵で大人気の「縁日」も

中庭が薄暗くなった時間に行うと一層雰囲気がでますよね。

.

シンボルである大きな煙突にもあかりが灯り

暗い中でも酒蔵らしさを際立たせてくれるので

そんな雰囲気の中で撮影するお写真も

お昼と比べてもよりロマンチックに美しく仕上がります。

mff0550_0301.jpg

mff0550_0314.jpg

夜の雰囲気が好き!というおふたりには

夕方からはじめるナイトウエディングがおすすめです。

ナイトウエディングの場合は17時から披露宴を開始いたしますので

ご遠方のお客様でも焦らず会場にお越しいただくこともできますよ。

.

ぜひ夕方にご来館された方は

ライトアップされた百年蔵の雰囲気もお楽しみください♪

2021.10.25

"歴史を感じられる場所"

aff1029_0014.JPG

博多百年蔵の披露宴会場の一つ『百年蔵ホール』

以前もブログでご紹介しましたが

この会場はかつてお酒造りには大切な酒米を精米する場所として使用されていました

写真をご覧いただいてわかるように天井がすごく高い会場です

165-D4_14893.jpg

なんと7.5メートル!!

できる限り創業当時の梁や土壁を保つため補強や点検は欠かせません

照明も暖かみがあり、落ち着いて過ごしていただける明るさです

また『百年蔵ホール』は会場のディスプレイも魅力の一つです

aff0131_056.jpg

お米や道具を二階へ運ぶ滑車

お酒貯蔵用の大きな瓶(かめ)

大きな瓶からお酒を小分けして販売していた小さな瓶(通称:通い樽)

昭和初期に福岡市より表彰の賞状

aff1755_0444.JPG

随所に酒蔵らしさが残る会場でもあります

ぜひ博多百年蔵にブラダルフェアやご披露宴でお越しの際は

雰囲気もそうですが歴史も感じていただけたら嬉しいです♬

2021.10.19

『茶寮(さりょう)』

  1X6A0471.jpg

 7月に新しくご案内をスタートした『茶寮』

 お茶を嗜む当時の当主のお母様のために建てた数寄屋造りの邸宅

 侘びと寂を感じるお庭もあります

 1X6A0105.jpg

 1X6A0384.jpg

 1X6A0371.jpg

 会場は12名様までお食事いただける会場です

 家族婚を検討のお客様にはぴったりです

 1X6A0235.jpg

 神社での挙式や食事の前に前撮りを行ったりと、お二人のご希望に合わせたプランも

 ご用意しております

 こんな時期だから、まずは家族だけでの結婚式を、と検討される方も多いです

 まずはご相談ください

 1X6A0849.jpg

 

2021.10.18

博多百年蔵のだるまケーキ

みなさんこんにちは。

博多百年蔵での結婚式をお考えのあなた、さては「だるまケーキ」が気になりましたね??

だるまケーキとはその名の通り、だるまの形をしたケーキのことでございます!

博多百年蔵の結婚式では人気演出の一つとなっており、

「だるまの目入れ」という、だるまケーキならではの演出ができるのですよ。

だるま小.JPG

一本の筆をおふたりで手に取っていただき、片方に新たな目を入れていただきます♪

二つ目の目を入れる時は願いが叶ったとき、だと言われていますよね。

だるま 大.jpg

この写真のようにだるまのデザインにも種類があり、

こちらのケーキは博多百年蔵のすぐそばにある地元の方に深く根付き、

すごく愛されている「ラフェブルー」さんに作っていただいております。

パティシエと直接のお打合せもできますよ。

そもそもだるまとは縁起物で達磨大使というお坊さんの姿をもとにしています。

なぜお坊さんをもとにしているのかは面白い理由があるので調べてみてください...!

だるまの独特な形は「起き上がりこぼし」を参考にしていて「七転び八起き」にもつながるんです!

そのため何度も立ち上がるという意味で、縁起物とされています。

他会場ではなかなか見ることのないケーキだと思います。

「人と違う」「来ている人に楽しんでもらいたい」「おもてなしをしたい」

「ゲストのみんなの心に残るように」「いままでにない結婚式を味わってほしい」

というお気持ちがある方はぜひ一度、

博多百年蔵まで足をお運びいただけると嬉しいです♪

« 23456

ブライダルフェア

Contact / お問い合せ

福岡・博多の歴史とともに百余年。国の有形文化財「博多百年蔵」。
これからも大切に守り継がれる特別な場所での結婚式をご提案します。

お問い合せはブライダルサロンへ TEL. 092-633-5105 受付時間 11:00〜19:00 定休日 火曜日

pagetop